FC2ブログ

The “Halford” 1912 Model Dry Fly Rod


DSCN2057 (2)


この “Halford”1912 Model は 1905 Model と大差はありませんが重要な改善点があります。

① 軽量化
② バランスの改善
③ リングの改善
④ リールシートの改善

以上は個々ですが、ロッド全体に改善点があるようです。

特に ③ リングの改善 と ④ リールシートの改善 を強調しています。

F.M.Halford は、これまで扱った中で最高のドライフライロッドであることを言いました。



長さは 9'6'' のみです。

DSCN2041 (2)



段巻きを太くすることで強度を上げています。

全て瑪瑙リングです!

DSCN2043 (2)


Suction Joint ですが 1925年から StudLock Joint に変更されています。

DSCN2044 (2)

DSCN2054 (2)


inscription

DSCN2066 (2)

DSCN2065 (2)

DSCN2064 (2)


Cork Handle は他の機種より長いです。
  上から Halford ・ Houghton ・ J.J.Hardy NO.2

DSCN2053 (2)


Reel Seat はスクリューリールフィッティングが採用されました。

DSCN2058 (3)


Spear and Button

DSCN2049 (2)

DSCN2050 (2)


トップセクションは5角形で、リングは角に付いています。

DSCN2052 (2)


Top case

DSCN2070 (2)


見た目はゴツいですが軽量です!

現行のラインでは #7 で使用しています。


DSCN2069 (2)

にほんブログ村 釣りブログへ 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yamamoto

Author:Yamamoto
フライフィッシング中心のブログです!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR