FC2ブログ

Hardy The Salmon Fisher's Bag

1950年頃から1960年代前半まで、HARDYの主力BAGとしてラインアップされていました!
1_20181006204510cda.jpg

造りはとても丈夫で、各所に工夫が見られます。
2_201810062045116f8.jpg

3_201810062045130e9.jpg

4_20181006204515e7a.jpg

5_20181006204834781.jpg

インナーポケットは柔らかい造りになっており、BAG内にスペースが確保できます!
6_20181006204833b94.jpg

ポケットにマチがあるため容量があります!
7_2018100620450848d.jpg


マイナーチェンジにより、2種類存在したと思われます。(実際は分かりませんが…)

左が前期で、右が後期モデル!

LABELに違いがあります。
8.png

フラップの止め方が違います。
後期は無段階調整が可能!
9.png

ポケット内の水濡れと落下防止対策あり!
10.png

水抜き穴!
11.png

写真では分かりにくいですが、インナーポケットの素材が違います!
前期の方が質感あり!
12.png
Hardy には珍しく、後期物の方にこだわりを強く感じます!


半世紀以上前の鞄が普通に使えるって凄いっす!  Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
13.jpg

もちろん中古購入ですが、買ったときは凄い汚れと香りが…
Selvyt Bag もですが、クリーニングすると水が黒or茶色に濁ります。
汚れはキレイにして… 破損があれば直して… (*´∀`人 ♪
VintageTackle には、新製品とは違った面白さがあります! 病気(´・Д・)」

The “PRACTICAL” LINE DRIER

  The “PRACTICAL” LINE DRIER

1929年の ANGLERS’GUIDE を翻訳して……… もらいました!
    (//>ω<)


*********************************************
The “PRACTICAL” LINE DRIER

このライン乾燥機は、最小のマスからビッグゲームの魚の最大サイズまで、すべてのサイズのリールで使用できます。それは梱包のために便利な空間に折り畳まれ、誤って紛らわしい部分はありません。ワインダーの各ターンは1ヤードのラインをとり、ペグは長い間、ラインを広く乾燥させて乾燥させる。
スタンダードとアームはアンダーサイドでフェルトで覆われた堅い木製のベースに固定され、上部にはリールを保持するためのフィッティングがあります。
図は使用中のラインドライヤーを示しています。梱包のために折りたたむには、前腕を前方に引っ張ってCで袖を閉じるようにします。 Aの反対側の標準の背面にあるつまみネジを外します。 Aでピンをクリアするための基準を上げ、全体(標準、アームとペグ)が木製ベース上にきれいに折りたたまれます。
取り外し可能で調節可能なラインを運ぶペグ。アームの穴は、一般的に販売されているコイルのラインに合うように配置されているか、Bのスロットが必要な調整を可能にしている間に、乾燥機のコイル線に戻すように配置されている。
                          51st EDITION  1929
*********************************************

LineDrier①

LineDrier②

LineDrier③

LineDrier④

LineDrier⑤

LineDrier⑥

LineDrier⑦

LineDrier⑧

LineDrier⑨

LineDrier⑩

この LINE DRYER は、「1927MODEL」の改良版になります。
私は、LINE乾燥としてではなく巻き替え等で使用してます♪
大きさがあるので便利です!

 
あまり知識無いため…今回丸写しですよ! ( ̄。 ̄;)

Hardy "Selvyt" Reel Bags


              Hardy "Selvyt" Reel Bags


Sizeが3種類でしたが、1934年以降の ANGLERS’ GUIDES から 5種類になりました。
IMG_0129 (2)


伸び縮みがあるため、今となっては大きさは様々です。
IMG_0102 (2)


経年変化があるため正確ではありませんが、カラーも何種類かあります。 年代によって違うようです。
IMG_0103.jpg


LABEL も年代によって違いがあります。
IMG_0120 (2)


ZIP Type
IMG_0122.jpg


造りは二重構造になっており、しっかりしています!
IMG_0110 (2)
IMG_0100 (2)




             Hardy "Selvyt" Reel Bags

                当時の釣人のこだわりと、REELへの愛着を感じます!
プロフィール

yama

Author:yama
フライフィッシング好き!
VintageTackleで悠々とした時間を過ごしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR